鍼治療

当院の鍼灸治療の特徴

衛生面などの配慮・治療の手順

衛生面などの配慮

  1. 訪問出張であるからこそ、なおさら衛生面等には細心の注意を払っております。
    使い捨ての「鍼」を使用します。使い捨ての鍼
    使い捨ての「鍼皿=シャーレ」を使用します。使い捨て鍼皿
    個別の「消毒綿」を使用します。別の消毒綿
    伺ったお宅に、ご配慮させて頂き「煙の出ないお灸」を使用します。(お香の様な香りはします。)
    煙の出ないお灸

当院の鍼灸治療の特徴

上記の解説

※1、鍼灸というと、こっている筋肉やツボに鍼を刺したり、お灸をすえたりして刺激するものだと思っている方がほとんどだと思われます。それも間違いではありませんが東洋医学による「本来の目的」は「気」の流れを良くし調整する為に用いられるのが本来のあり方なのです。
経絡 経穴
「気」は内臓から発生し「経絡」というルートにより全身を巡りますが、日中は体表面を巡っていますので、鍼は浅く刺すだけでも十分な効果があるのです。鍼は深く刺せば神経などを刺激し「電気の様にひびく」与えなくてもいい余計な痛みを与えてしまいます。
当院では鍼が皮膚に触れるだけの、全く痛くない「接触鍼」という技法や、全く刺さない「てい鍼」という鍼も選択出来ます。この方法ですと鍼を刺す時の「チクッ!」という痛みが全く無く、小児から妊婦さん、初めての方まで安心してお受けになれます。

接触鍼てい鍼

※2、病院などを受診しますと、先ず診察や検査を受け「病名」が分かった時点で投薬や手術など治療を行いますが、東洋医学の診察は、今現在の「身体の状態・体質」を確認、把握する為に行います。
単なる肩こり腰痛であっても、それが「身体の状態・体質」に問題がある為に起きている症状であれば、それらを改善する事が早く良くなる為の近道になります。その為に治療の前に「脈診・腹診」などの診察をさせて頂きます。

※3、東洋医学では全身の状態が「おなか」に現れるという考え方があり、例えば首肩がこっていたり頭痛がする時など、「みぞおち」が硬くなっていたり、腰が痛む時は「へそ」から下の下腹部が弱くなっている事が多いのです。
「おなか」に鍼をする事でバランスを取り、それが全身に影響し、内臓の状態も改善する事で、更に治療効果が上がります。

腹診夢分流

※4、当院の鍼灸治療は、始めに身体のバランス・体質を改善する事で、主訴や症状を改善し易くします。
主訴が後回しになってじれったく思われるかもしれませんが、このやり方により確実に症状が治り易くなります。

鍼灸師になって30年、自信を持ってお勧め出来る治療です。どんな症状 病気であってもお引き受け致します。

治療の手順

  1. ご用意頂けるようでしたら、治療中お身体にかける大き目のバスタオルを2枚ご用意下さい。
    治療の服装として、お腹や背中・手足が出るパジャマやTシャツ、短パンなどをお召し下さい。ガードル・ボディスーツ・ストッキング・靴下等はお脱ぎ下さい。下着は着けたままで結構です。時計・貴金属類もお外し下さい。
    鍼は使い捨て、お灸はあまり煙が出ない物を用います。
  2. 先ずはおつらいところの状態を確認します。仰向けで東洋医学的診察をさせて頂き「身体の状態・体質」を見極め、お腹と首筋に鍼をして行きます。手足のツボを用い現在の体質を改善します。残ったお腹の反応に「刺さない」打鍼という技法を用います。
    本治法
  3. 次にうつぶせになって頂き、背中や首肩の反応に鍼をして行きます。おつらいところの状態を診て、それに適した技法を用います。 必要があれば背中に煙のあまり出ない温灸をさせて頂きます。再度、仰向けになって頂きお腹と脈の確認し、どれ位の回数・期間が掛るか予想します。
    尚、自費・保険に限らず同様の施術をさせて頂きます。
    標治法
  4. おなかが空いていたり、逆におなかがいっぱいの時や飲酒中の時は、治療は避けて下さい。治療後はなるべくリラックスして頂き、激しい運動や飲酒は控え、お早目に就寝して下さい。その方が治療効果が上がります。
    初回治療後のお体の変化を確認をさせて頂きたいので、次回の治療は出来れば翌々日もしくは一週間以内の再診をお勧め致します。

当院概要

Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com

サイト マップ